どや!?Google AdSenseアカウントが停止になったらどする?

14 2月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google AdSenseアカウントが停止になったらどする?

2011年2月10日午前4:55、どやブログで使用しているAdSenseアカウントが突然停止されました。6月から運営してもうすぐ100$になり、初換金で盛り上がっていた直前の出来事です。どうにかアカウントを復活させたいと思い、色々調べて対策をした内容を記録しておきます。
 

私たちはお昼休みに毎日アドセンスをチェックしています。
今日もいつも通りチェックをしようと管理画面にアクセス。
メールとパスワードを入力してログインをクリックしたら、思いもよらない画面が表示されました。

アカウントの無効化
 
 
アカウントが無効化されていたのです( ゚д゚)ポカーン
Googleからの指示に従い、すぐにGmailをチェック。

Google AdSense アカウントの非承認
 
 
どうやらAdSenseアカウントに不正行為があったそうです。最悪。
全く心当たりがないため、メールに記載されていたURLをクリックして、アカウントの再開について確認しました。

不正なクリック行為により無効になったアカウントの再開について

「アカウントの無効化について申し立てる場合は、必ずオンラインのお問い合わせフォームからご確認ください。」との事なので、早速、無効なアカウントについての申し立てをしてみることに。
 
 

上から順番に項目を埋めていたところ「AdSenseサイト運営者ID」が必須項目に・・・

無効なアカウントについての申し立て
 
 
例を見ても何を入力すれば良いかわからなかったので、ヘルプを確認しました。

サイト運営者 ID 番号はどこで確認できますか?

お客様の AdSense サイト運営者 ID 番号を確認するには、AdSense アカウントに次の URL からログインします: http://www.google.com/adsense アカウント上部の隅にあるヘルプ検索ボックスの上にサイト運営者 ID 番号が表示されます。

また、お客様の AdSense コードでサイト運営者の ID 番号を確認できます。お客様のウェブ サイトの HTML ソースにある AdSense コードには、サイト運営者様の ID が次のように記述されています。
google_ad_client=”pub-xxxxxxxxxxxxxxxx”;

 
 
ヘルプに従い、URLからID番号を確認しようとしたのですが、
アカウントが無効になっているので確認できず。。。\(^o^)/オワタ

と思いきや、HTMLソースからもID番号は確認できるそうなので、ソースをチェック。

<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-1007708601545123";
/* 200x200, 作成済み 10/10/17 */
google_ad_slot = "6811995238";
google_ad_width = 200;
google_ad_height = 200;
//-->
</script>

<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

無事にID番号をゲットできました。
これで一通り入力できたので、再確認して送信です。

果たしてGoogleから返答はあるのでしょうか。
ここまでの収益を無駄にしたくないですよ。。。
でも、返答はほとんど無く、アカウントの復活例も非常に少ないようです。
新しいアカウントでもう一度始めたほうが早いのかもしれません。。。

コメント

  1. ceo-minaki より:

    で、アドセンスのアカウントは復活したのでしょうか?
    現在、アドセンスの広告はこのページにございますが・・

  2. のぶ より:

    アカウントは復活しましたよ!
    アカウント復活までに何をしたかをこちらにまとめてあります
    参考にどうぞ~

    どや!?Adsenseアカウント復活!再開までの道のり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

この記事のトラックバック URL