どや!?Adsenseアカウント復活!再開までの道のり

07 3月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adsenseアカウント復活!再開までの道のり

2011年2月10日にアドセンスアカウントが停止になり、
2011年2月22日にAdSense アカウントの再開は不可能のお知らせが届き、
2011年3月3日に新たな動きがありました。

Google AdSense アカウントが再開されました

サイト運営者様

先日、不正なクリック行為によりお客様の AdSense アカウントを無効とする旨をお知らせいたしました。
お客様の AdSense アカウントを再審査した結果、この決定を覆しお客様のアカウントを再開することといたしました。

お客様のサイトに広告が表示されるまでに、48 時間程度、時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。

今回のお客様のアカウントの無効により、Google が無効とみなした収益は収益額から控除されますが、有効とみなした収益はお客様へお支払いいたします。
収益額は、すぐにレポートには反映されません。来月第 1 週目に、お支払い履歴に今月のお支払い額が掲載される時点で反映されます。
今後お支払いに関して何かご質問がある場合は、このメールに返信くださいますようお願いいたします。

この度はお客様にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたします。
今後とも Google AdSense をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

Google AdSense チーム

見ての通り、アカウントが復活したのです!!

アカウント停止を宣告された方は、安心してください。
色々な記事に「アカウントの復活は難しい。」「復活の可能性は、ほぼ0。」
なんて書いてありますが、簡単なメールを送ることでアカウントをさせることができます。

具体的に何をしたのか、振り返って記事にしておきます。
この記事で、沢山の方が救われますように。。。

 

どやブログ、Google Adsense アカウント復活までの道のり

私たちは、6月からこのブログを始めて、7月にGoogle Adsenseを組み込みました。最初の月は、数十円の儲けしかありませんでしたが、12月には3000円/月程度まで成長。2月には換金できる予定で、$100までもう少し!と浮かれているときに事件はおきました。

アカウント停止当日(2011年2月10日)

サイト運営者様

記録を確認しましたところ、お客様の AdSense アカウントにおいて不正行為の危険性があることがわかりました。不正行為により AdWords 広告主の費用が増大するのを防ぐため、お客様の AdSense アカウントを無効にさせていただく必要があります。未払いの収益と Google に分配された収益はすべて影響を受けた広告主に払い戻されます。

これは Google の広告システム、特に広告主とサイト運営者の関係を公正に維持するための措置ですのでご了承ください。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今回の措置、異議申し立てを行う方法、不正行為全般についてご不明な点がある場合は、次の URL で詳細をご覧ください。
http://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=57153

よろしくお願いいたします。

Google AdSense チーム

まず、テンパる。何も悪いことをしていないのになぜ?と。
Googleといえば、知らない人はいない程の大企業で、日ごろからGoogleのツールにお世話になっていました。
信頼していたのに裏切られた気分です。

対策を練るために、アドセンスについて書いてある記事をチェック。
いくつか記事を見ましたが「アカウントの復活は難しい。」等の記事を見て絶望しました。
ショックがでかすぎます。夜も眠れませんでした。(寝ましたが)
 
 

アカウント停止4日目(2011年2月14日)

気を取り直して、申し立てメールを送りました。
内容はこんな感じ。

簡単な回答でも良いので、書けるところはできるだけ書きましょう。
※1 この回答が正解とは限りません
※2 AdSense サイト運営者 IDがわからない方はこちらを御覧くださいませ
   どや!?Google AdSenseアカウントが停止になったらどする?

このメールを送信後、テンプレートメールが届きます。

Re: [#765464584] 無効なアカウントについての申し立て

お客様

お申し立てを受領いたしましたのでお知らせいたします。

お客様のお申し立てにはできるだけ早く対処いたしますが、現在数多くのメールが寄せられているため、1 週間程度またはそれ以上かかる場合もありますのでご了承ください。なお、このアカウントで以前にも申し立てを行っている場合、今回または今後の申し立てについては対処いたしかねます。

また、AdSense アカウントの無効化に対して申し立てを行っても、必ずしもアカウントが再度有効になるわけではありませんのでご了承ください。

不正行為のため無効となったアカウントについてご質問やご不明な点がありましたら、下記の URL をご覧ください。
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=57153&hl=ja

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

作業はこれにて終了です。
Google AdSense チームから、返答があるまで期待しながらひたすら待ちました。
 
 

アカウント停止12日目(2011年2月22日)

約1週間後に返事がありました。

お客様

ご連絡いただきありがとうございます。追加の情報を提供していただき、また AdSense プログラムのご利用をご要望いただきありがとうございます。しかしながら、アカウントのデータを再度確認し、ご意見を検討しました結果、お客様の AdSense アカウントの再開は不可能であることが確認されました。

アカウントや今回の措置、不正行為全般についてご不明な点がある場合は、次の URL で詳細をご覧ください。
http://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=57153

Google AdSense チーム

本当にショック。「ふざけんなGoogle!」と何度言ったことか・・・。(言ってません。)
悔しいですが諦めて、新しいアカウントを取得。
気を取り直して一からスタートすることにしました。
 
 

アカウント停止21日目(2011年2月28日)

ところが、停止されたアカウントのはずなのに何故かログインできました。
この時点で、アカウント再開のメールは届いていません。
「謎」すぎます。
どや!?AdSenseアカウント停止から再開不可能の確認メール、でもログインできる謎
 
 

アカウント停止24日目(2011年3月3日)

月も変わって、いつもどおり出社するとGoogle Adsense チームから1通のメールが届いておりました。
アカウント再開のお知らせです。言葉にならないほど嬉しかったです。
でも、当たり前ですよね。何も悪いことはしていないので^^;
 
 

まとめ

アカウント復活まで、約3週間かかりました。
皆さんも気を落とさず、やるべき事はやって待ちましょう。
きっと元に戻るはずだからw

最後に1点だけ、「Adsenseアカウント停止、警告 15の要因」を読んでおきましょう。
引っかかっている部分があったら、すぐに直してください。
違反していたら元も子もありませんので。

コメント

  1. dame3212 より:

    非常に貴重な体験記事かと思います。
    復活おめでとうございます。
    というか、Googleも少しは謝罪ぐらいしたらいいのに。

  2. のぶ より:

    >dame3212 さま
    ありがとうございます(._.)
    Googleも不正を取り締まるために必死なんですよねきっと。。。

  3. かと より:

    >dame3212 さま
    コメントありがとうございます!

  4. はじめまして。
    私もアカウント停止されて申し立てメールを送りましたが無視・・・・
    と思ってましたが、3ヶ月後に返信がきました。(復活できませんでしたが)

    その時には、アカウント削除してましたので連絡が来るまでは注意が
    必要ですね。

  5. ひで坊 より:

    はじめまして、本日全く同じ状況で無効が来ました。
    まだ、始めたばかりでせっせとリンク貼ってただけです。
    SNSにもチョビッと宣伝はしましたが・・・・
    同一人物によるクリック・・・・アドセンス狩り??
    全く訪問者なんかなくまだ宣伝をはじめたばかりの矢先の出来事
    でした・・・・ショックです
    なので同じように申し立てしました。
    しかし腹がたちますわ、この対応には。

  6. mie より:

    はじめまして!
    この記事を読んでいて、わからない点が出てきました。
    警告15の要因の中の6について聞きたいのですが、
    “6.著作権で保護されているコンテンツを含むサイト”の中でRSSで記事を生成するコンテンツと記載がありますが、これをサイト内に貼ってある時点でアウトなんでしょうか?
    それともそのコンテンツが貼ってあるページにアドセンスを貼らなければ問題ないのでしょうか?
    サイト内にRSS記事を生成する方法に興味があって、アドセンスを貼ってないページはOKなのであれば使ってみたいなあと思ったんですか、問題がないのか、それとも問題があるのか記事を読んでも検索して調べても私にはわかりませんでした。
    コメント蘭に質問して申し訳ないのですが、アドバイスいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

  7. のぶ より:

    >mieさま
    コメントいただきありがとうございます。

    アドセンスのポリシーに詳しいわけではないので、
    あくまでも、参考までにということでお願いいたします:)

    > “6.著作権で保護されているコンテンツを含むサイト”の中でRSSで記事を生成するコンテンツと記載がありますが、これをサイト内に貼ってある時点でアウトなんでしょうか?
    > それともそのコンテンツが貼ってあるページにアドセンスを貼らなければ問題ないのでしょうか?

    「警告 15の要因」記事の中に、「著作権法で保護されているコンテンツを含む“ウェブページ”では、サイト運営者がコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、Adsense 広告を表示することはできません。」と記述があります。
    「ウェブページ」ということは、ページ単位なのでアドセンスを貼ってないページはOKと捉えることができます。しかし、RSSをエサにアドセンス広告が貼ってあるページに誘導していると捉えられてもおかしくないため、控えたほうが良いかなぁと直感しました。

    また、少し調べてみたところ、アドセンスヘルプフォーラムでこのような質問がありました。

    著作権・引用[著作権で保護されているコンテンツ?]
    > 著作権で保護されているコンテンツ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense サイト運営者様が著作物の配信に関わるサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、著作権で保護されたファイルをホストするサイトや、著作物を含むサイトへのリンクを掲載したりユーザーを誘導したりするサイトも含まれます。
    > というような内容のメールが届きました。
    > 該当するページからは、広告はすべて消したのですが、
    > その他ページ(該当しない)からもアドセンスを消さないといけないのでしょうか。
    > つまり、著作権に関わる内容を少しでも書いているサイトは、
    > アドセンスを利用できないのでしょうか。

    上記質問を見るかぎり、著作物の配信に関わるサイトへの広告掲載はNGのようです。
    Google Adsense チームからのメールなので、間違い無いと思います。

    報告は以上になります。長文になり申し訳ないです。
    私の経験談ではありませんが、上記を見るかぎり控えたほうがよさそうですね:)

  8. よし より:

    はじめまして。
    本日、私も Google AdSense アカウントの非承認 の連絡が届きました。
    私も不正行為を行った覚えが無く、異議申し立て方法をこちらのサイトで
    確認出来ましたのでありがとう御座います。

    復活する事を祈って書き込みしてみました。

    貴重な情報ありがとう御座います。

  9. のぶ より:

    >よしさま
    なんの不正もしていないのにアカウント剥奪は悔しいですよね・・・。
    復活をお祈りしております!!

  10. かず より:

    私も本日見事にアカウント未承認のメールが届きました。
    クリック率60%~90%の日が4日くらい続けば停止になりますね。
    完全なアドセンス狩りです。
    自分で間違ってクリックしないように気をつけておりましたので一度もクリックをした事はないです。
    このサイトを発見出来てよかった。
    希望が持てます。

  11. のぶ より:

    >かずさま
    アドセンス狩り、酷いですよね。
    ただ、何もしていないのであればきっと復活すると思います!
    同じ様なことが起きた方々の希望になれて嬉しいです:)

  12. みんとあ より:

    とても参考になりました!私もさきほどアドセンスが非承認になりました。
    特に違反してるつもりはないのですが、知らない間に何かしてるかもしれないので、ちょっと調べてみようと思います。

  13. のぶ より:

    >みんとあさま
    復活の可能性ありますよ!!
    頑張ってください:)

  14. ばっちゃま より:

    うっ、うちもやられましたぁーー!
    小切手1万円まで、あと1000円‥ そこでメール‥

    異次元の日本語?な申し立てメールを作成した1日後‥
    『AdSense アカウントの再開は不可能であることが確認されました。』
    た、淡泊やなぁー

    プライバシー侵害で潰れてまえ(乱心)

  15. 通りすがり より:

    私の場合、不正行為ではなく「広告主への重大なリスク」という理由で
    無効になりました。

    >Google で定期的に行われている調査によりますと、お客様の AdSense アカウン
    >トは AdWords 広告主に重大なリスクをもたらしていることが確認されました。
    >このアカウントを引き続きサイト運営者ネットワークで使用できるようにする
    >と、今後広告主に費用上の損害が及ぶ可能性があるため、アカウントを無効にし
    >ました。

    最初、???でしたが、思い当たることがあり
    http://phazor.org/blog-ja/?p=14
    に書いておきました。
    ( http://phazor.org/blog-ja/?p=13 がおそらく原因記事 )

    グーグルにはグーグルの方針があると思うので申し立てなどはしない
    つもりです。

    アドセンス狩りってあるんですねー。参考になりました。
    でも、いきすぎて変な方向にいかなきゃいいんだけどと思いました。
    昔はかっこよかったんだけどなー、グーグル。。。

  16. のぶ より:

    通りすがりさま

    http://phazor.org/blog-ja/?p=13 の内容は、“AdWords 広告主に重大なリスク”に該当しそうですね。これが原因であれば、Googleがそこまで見ているのがスゴいなぁと、逆に感心してしまいました。
    勉強させていただき、ありがとうございます!

トラックバック

  1. アドセンスやってる人はブクマしておいたほうがいい、復活事例。…

    アドセンスやってる人は、将来のアボセンス・リスクのためにブクマしておいたほうがいい、復活事例です。 アドセンスの復活事例は以前にも一例UPしたことがありますが、この方の体験のほうがよりわかりやすいかも。 特にログの提出とかはされていないけど、剥奪から復活までの流れがよくわかります。ある意味、非常に貴重な体験談だと思います。 どや!?Adsenseアカウント復活!再開までの道のり – デザインどや!? ちなみに、私も別のブログでなんの不正もしていないのにアカウント剥奪された経験者です。しか…

  2. […] あとは下記サイトの事例に望みをかけて復活を願う 『どや!?Adsenseアカウント復活!再開までの道のり | デザインどや!?』 […]


  3. Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'list_pings' not found or invalid function name in /home/sites/heteml/users/d/o/y/doya/web/design/wp-includes/comment-template.php on line 1810

    Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'list_pings' not found or invalid function name in /home/sites/heteml/users/d/o/y/doya/web/design/wp-includes/comment-template.php on line 1810

    Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'list_pings' not found or invalid function name in /home/sites/heteml/users/d/o/y/doya/web/design/wp-includes/comment-template.php on line 1810

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

この記事のトラックバック URL