どや!?WordPressでIE6の透過png 「HITS-IE6 PNG Fix」の使い方

16 9月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressでIE6の透過png 「HITS-IE6 PNG Fix」の使い方

ワードプレスでは、IE6の透過pngが簡単にできたのでメモ。
プラグイン「HITS-IE6 PNG Fix」を使って表示させました。
 

①プラグイン「HITS-IE6 PNG Fix」をインストール

ワードプレスプラグインの HITS-IE6 PNG Fix をダウンロード。
いつも通り、解凍して wp-content/plugin/ にアップロードします。

プラグインの管理画面から、
・HITS-IE6 PNG Fix
を有効化してください。

②使い方

設定画面はこちら

WordPressでIE6の透過png 「HITS-IE6 PNG Fix」の使い方

■ PNG Fix Method
メソッドの選択。オススメは「DD_belatedPNG」で、無理なら「Twin Helix v2.0」が良いと思います。自分の場合、上記2つ以外はレイアウウトが崩れてしまいました。

■ CSS Selector
セレクタの指定。キャプチャ画像は「.png_bg」を指定しています。

設定が完了したら保存。
最後に、png画像を使いたい要素に class=”png_bg” を付けるとIE6で透過pngを表示することができます。
※「.png_bg , .header」のように、2つ以上セレクタを指定しても大丈夫です。
 
 
わざわざjsをサーバにあげなくても良いので簡単。
これで、デザインの幅も広がりますよ!
IE6のシェアは若干あるので、まだまだ外せないプラグインです。
 

トラックバック

  1. […] 参考ページは以下の通り: どや!?WordPressでIE6の透過png 「HITS-IE6 PNG Fix」の使い方 | デザインどや!… […]


  2. Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'list_pings' not found or invalid function name in /home/sites/heteml/users/d/o/y/doya/web/design/wp-includes/comment-template.php on line 1810

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

この記事のトラックバック URL